■LINK■
■あきた漢方薬局■
■OTHER■

なくそう・減らそう糖尿病・3
なくそう・減らそう糖尿病:2型患者、無呼吸症候群に注意−−3人に1人の割合
 ◇大規模調査
 生活習慣の乱れなどが原因で起きる2型糖尿病患者の3人に1人が、睡眠時無呼吸症候群(SAS)にかかっていることが、国内20施設が参加した大規模調査で判明した。国内の2型糖尿病患者のSAS罹患(りかん)状況が明らかになるのは初めて。SASになると血糖値がさらに上がりやすくなるとされる。糖尿病改善のためにも、SASの早期治療が求められそうだ。

 調査は、2型糖尿病患者930人(平均年齢約60歳)を対象に実施。3月末までに481人を中間解析した。

 それによると、SASだった人は全体の35・3%で、特に男性では39・0%に達した。また、BMI(体格指数)が25未満の標準体形の人でも26・2%がかかっていた。国内のSAS患者は、人口の約2%。2型糖尿病患者の罹患率は、肥満の有無にかかわらず極めて高かった。

 SASになると、脳内の酸素濃度が下がり、ストレスホルモンが分泌される。このホルモンは血糖値を上げる働きがあり、糖尿病の人がSASにかかると症状が悪化しやすい。

 SASを併発している糖尿病患者にSAS治療を実施すると、血糖値の状態を示すヘモグロビンA1cが大幅に改善された、という研究もある。

 調査した田中俊一・金沢内科クリニック理事長は「血糖値を適切に抑える視点からも、昼間の眠気などの兆候を感じたら、SASも治療してほしい」と語る。 毎日新聞より

続き▽
| http://www.kanpow.jp/index.php?e=174 |
| 耳寄り健康講座::糖尿病ニュース | 06:02 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑