■LINK■
■あきた漢方薬局■
■OTHER■
 

漢方で解決!
うつ病・・・抑うつ気分、悲哀気分、不安焦燥感、意欲減退でお悩みの方

『憂うつな気分、
 
   物事に意欲や興味がもてない』


☆気をととのえます!


うつ病でお悩みの方

悩んでいないで、まずは御相談を!



☆「うつ病」に用いる漢方薬

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
  のぼせて精神不安があり、胃部がつかえて便秘がひどいもの。

柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう) 
   精神不安があって驚きやすく、心悸亢進、のぼせ、不眠、みぞおちがつかえて便秘し、尿量減少するもの。

加味逍遥散(かみしょうようさん)
   頭痛、頭重、のぼせ、肩こり、倦怠感などがあって食欲が減退するもの。

桃核承気湯(とうがくじょうきとう) 
  口唇部やはぐきが暗赤色で、頭痛またはのぼせる傾向があり、下肢や腰が冷えて尿量減少するもの。 

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) 
  咽喉から胸元にかけてふさがるような感じがして、胃部に停滞膨満感のあるもの。

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
  貧血して皮膚が蒼白で栄養不良でやせており、食欲がなく衰弱しているもの。
 
  
このような処方の中から体質、症状に合ったものを服用します。

漢方の処方は薬物の心を調合するもの

心をこめて調剤いたします!


・病む人の気持ちになり、心と体をよく暖めて、骨身惜しまず調合すべし。
・患家を師として、先人の遺訓を守り、常に原典を顧みて研鑚すべし。
・経験を重ねて、直感を磨くべし。
・見えざる証あり。見え難き証あり。四診よりも、お客様の苦痛を優先すべし。
・節食と鍛錬は、治病の要訣なり。
・病を治するは、自然の治癒力なり、薬方は、杖に過ぎざるものと知るべし。
・生薬は、十分吟味すべし。天地の恵みに感謝して、自然を守るべし。




『専門の薬剤師が、

    親身な相談をいたします!』



★悩んでいないで、まずはご相談を!

漢方無料相談室

0120-358-601


FAX 018-845-9092

(24時間受付中)



「ハートが勝負の健康相談!」

20年以上健康相談の仕事にたずさわってきて、一番大切なことは
「どれだけハートで汗をかいているか」ではないかと思います。
真剣に病気で悩んでいるお客様のご相談にこたえるには、
こちらの真剣さが一番大切だと思います。
真剣になることは、「ハートで汗をかくことだ」と私は考えています。
このような心がけで、いつも全力でご相談にのり
心をこめて、漢方薬を調剤いたしております。


メール相談はこちらから→
◎当店で調剤を御希望の方、価格などはこちらをご覧下さい。→

うつ病のご相談なら

良薬専門  あきた漢方薬局



| http://www.kanpow.jp/index.php?e=29 |
| 漢方で解決!情動性疾患::うつ病の漢方薬 | 12:04 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑