■LINK■
■あきた漢方薬局■
■OTHER■
 

漢方で解決! 非結核性抗酸菌症、肺MAC症
・電話相談で調剤いたします!

1ヶ月分12000円!(漢方薬の税込み価格)

肺MAC症 良薬あり!
『漢方が、よく効きます』
 


漢方薬の効果
・免疫力を高める。
・抗菌、止血効果。
・肺、気管支拡張症の改善。



病院の薬の副作用がつらい方、
ご相談下さい。




担当薬剤師の 成田 寿(なりた ひとし) と申します。
薬科大学を卒業以来、漢方薬の研究一筋の薬剤師です。

私にお悩みを、ご相談して下さい。


無料相談室まで、お電話を!
・ 0120-358-601
(午前10時〜午後7時)






「非結核性抗酸菌症(MAC症)」とは

核によく似ている病気ですが、病原菌が結核と違う病気です。

この菌は非結核性抗酸菌と呼ばれ、これによる病気を
「非結核性(非定型)抗酸菌症」と呼んでいます。

症状としては咳・倦怠感や発熱・体重減少・喀血・息切れなどです。



一度染色されると酸で脱色されにくい菌は抗酸菌と呼ばれ、最も有名な菌に結核菌があります。抗酸菌の中で結核菌群以外の培養可能な抗酸菌を一括して非結核性抗酸菌と呼び、その感染症が非結核性抗酸菌症です。従来は定型の結核に対し非定型抗酸菌症と呼ばれていました。
非結核性抗酸菌症は結核の影に隠れがちですが、1994年の年間発生率は人口10万に対して4.06と30年間に約4倍の増加が見られ、肺抗酸菌症の中で非結核性抗酸菌症の占める割合も約14%と上昇しています。

どこにいるか
非結核性抗酸菌は塵埃、土壌、水など広く自然界に生存しています。また、飲料用水をはじめとして池、噴水、温泉水、公衆浴場水、一般家庭浴水及び循環風呂浴水など身近な生活水からも検出されています。

なぜ病気になるか
非結核性抗酸菌は、結核菌群と異なり病原性が弱く、体の抵抗力の弱い人だけが感染する日和見感染と考えられていました。しかし最近は健康な中高年、特に女性に感染者が増えています。

どのように感染するか
環境中の粉塵や水しぶきなどと一緒に菌を吸引するか皮膚に付着して感染が起こると考えられています。人から人への感染は起こりにくいと考えられていますので、周りの人に感染することはありません。

どのような症状なの
初期は自覚症状のないことが多いのですが、進行すると咳、血痰、微熱等が主症状となります。他に体重減少、倦怠感、寝汗、息切れ、胸痛などが見られます。

どのように調べるか
レントゲンやCTなどの画像的所見および細菌学的所見による診断基準が1980年に国立療養所非定型抗酸菌症共同研究班から出されています。

種類などについて
現在、非結核性抗酸菌は約100種類が確認され、その中の15種による感染症が我が国で報告されていますが、M.avium complex(MAC)とM.kansasiiの2種類の菌による感染症が非結核性抗酸症全体の90%以上を占めますので、この2種類について説明いたします。
M.avium complexによる非結核性抗酸菌症は生化学的性状で区別できなかったM.avium とM.intracellulare を一括した名称ですが、近年、核酸増幅法により分類が可能となりました。我が国における分布調査でM.avium は東日本に多く、M.intracellulareは西日本に多いことが報告されています。
感染者は中高年(平均年齢68歳)に多く、肺結核、胸膜炎、肺気腫、気管支拡張症などに続発することが多いのですが、基礎疾患のない人に起こることもあります。

M.kansasiiによる非結核性抗酸菌症はM.avium complex症に比べ若年者(平均年齢53歳)に多いのが特徴の一つです。基礎疾患なしに感染することが多いのですが、多くの薬剤に感受性を示し、抗結核剤を使用した治療などが行われ良好な結果が報告されてます。
非結核性抗酸菌の病原性が弱いため、非結核性抗酸菌症はあまり注目されて来なかった感染症ですが、最近は増加傾向にもあり注視していかなければいけない感染症の一つと考えられます。


薬剤師からのワンポイントアドバイス

この病気の進行を止めるに抵抗力を高めることが大切です。

体に負担をかけて菌を攻撃するのではなく、体に負担のかからない漢方処方や生薬により、抵抗力を高めて進行を止めることは可能です。
当店では多数の治験から、有効な生薬を開発し
、漢方薬と組み合わせてより効果を高めました。


この病気を詳しく研究している専門の薬剤師が、あなたにピッタリの漢方調剤を致します。

悩んでいないで、お気軽にご相談して下さい!




非結核性抗酸菌症(MAC症)でお悩みの方

当店では漢方をよく研究し、十分に経験をつんだ薬剤師が、親切でていねいな相談をして
体質症状に合ったオーダーメイドの漢方薬を調剤致します。



★漢方薬のポイント


☆東洋医学では

― 体全体の調子を整えて、抵抗力をつけ肺の機能を高めます ―

人間の抵抗力を高めるには胸腺、腸管、肝臓、腎臓の機能を高めることが大切です。これらは生体防御の中心臓器と言われています。

このように体の抵抗力を高めるには一部分でなく全体の調子を整えることが大切なので体全体の調子を整える漢方薬は最適な薬です


その方の弱い部分など体質は一人一人違いますので、専門の薬剤師が御相談をしてその方に最適な漢方薬をお選び致します。

☆また菌を減らそうとして逆に体に負担をかけるのではなく、あくまでも人間がもともと持っているて抵抗力を高め体調を良くしますので、体に非常に優しく安心して服用ができます。

上記の処方はごく基本的なもので、当店ではさらに抵抗力を高める生薬などを併用して効果を良くしています。

最近は従来のものより、かなり効果の高い生薬を使用しています。



プロフェッショナルの本物漢方をお試し下さい




漢方薬の効果


免疫力を高める。

抗菌、止血効果。

肺、気管支拡張症の改善。





☆非結核性抗酸菌症(MAC症)に用いる

一般的な漢方処方


★西洋医学では有効な治療法がない場合もあると言われていますが、
漢方では人間に備わっている菌に抵抗する力、免疫力を高めることで対応できます。


1)補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
 胃腸機能減退し、疲労倦怠感、食欲不振が著しい方

2)柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
 血色悪く、微熱、頭汗、疲労倦怠感、食欲不振などがあり、胸部あるいは腹部に動悸などがある方

3) 苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)
 喘鳴、呼吸困難、鼻水、水分過多、冷えなどのある方

4)滋陰至宝湯 (じいんしほうとう)
 全身倦怠感、盗汗、口乾、食欲不振のある方

5)小柴胡湯(しょうさいことう)
 微熱があったり、熱感と悪感(おかん)が交互にあったりして、食欲不振で口にがい方

6)炙甘草湯(しゃかんぞうとう)
 息切れや動悸などがあり皮膚乾燥、口渇、盗汗のある方

7) 麦門冬湯(ばくもんどうとう)
 強い咳がでて、顔が赤くなり痰は少量でねばり、のぼせてのどが渇き、咽喉に異物感がある方

8)喘四君子湯(ぜんしくんしとう)
 胃腸が弱く食欲不振で痰、息切れあり咳の強い方

9)人参養栄湯(にんじんようえいとう)
 体力と気力を補い抵抗力を高め、食欲もだします。疲れやすく体重が減少したり、胃腸の調子のよくない方

10)滋陰降火湯 (じいんこうかとう)
 咳や痰を改善し、肺の機能を高めます。体に優しい漢方薬です

11)参令白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)
 腸管免疫を高めて、菌に対する抵抗力を高めます

12)半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) 
咽喉から胸元にかけてふさがるような感じがして、胃部に停滞膨満感のあるもの。

13)十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
 貧血して皮膚が蒼白で栄養不良でやせており、食欲がなく衰弱しているもの。




当店の漢方薬を
一度、お試し下さい。


☆当薬局の漢方薬は医薬品であり、製造業の許可を得て調合し、販売しております。
医薬品製造許可番号 第04-014600号。





☆漢方薬調剤の価格(税込み)は

1ヶ月分12000円! 一律です。


(大人の価格で何種類混ぜても、分量や種類が増えても同じです。)


ほとんどがエキス剤(粉薬)で、1日分が400円30日分で12000円 となります。
子供さんは年齢に合わせた価格になりますので、調剤の前に御確認下さい。

漢方の処方は薬物の心を調合するもの

心をこめて調剤いたします!

プロフェッショナルの本物漢方をお試し下さい!


・病む人の気持ちで、心と体をよく暖めて、骨身惜しまず調合すべし。
・患家を師として、先人の遺訓を守り、常に原典を顧みて研鑚すべし。
・経験を重ねて、直感を磨くべし。
・見えざる証あり。見え難き証あり。四診よりも、お客様の苦痛を優先すべし。
・節食と鍛錬は、治病の要訣なり。
・病を治するは、自然の治癒力なり、薬方は、杖に過ぎざるものと知るべし。
・生薬は、十分吟味すべし。天地の恵みに感謝して、自然を守るべし。 



肺MAC症の患者さんの注意点

1)自覚症状が無くても完全に治らないため定期的な通院が必要です。経過観察中でも最低半年に1度は受診しましょう。病気が進行すると体重が減ることがあるので定期的に体重を測定しましょう。

2)血痰を認めることがありますが、必ずしも病状が進行、悪化しているとは限りません。血痰を認めた時には受診しましょう。

3)胸部の画像検査(エックス線やCT検査)も重要ですが、喀痰検査は病状を把握するために最も重要です。

4)治療が開始されたら、薬を指示通り、確実に内服することが重要です。この点は結核など治療期間の長い他の感染症と同様で治療を成功させるために大切な点です。

5)副作用で注意を要するのはエタンブトール(黄色い錠剤)による視神経障害やストレプトマイシンやカナマイシンによるふらつきや聴力障害です。五感に関わる障害なので十分に留意しましょう。日常の生活で異変を感じたら主事医や眼科、耳鼻咽喉科の医師に相談しましょう。

6)ヒトからヒトにはうつりませんが、咳や痰のあるときにはマスクをしましょう。

7)菌が住み着きやすいシャワーヘッドなどを定期的に掃除しましょう。

慶應義塾大学病院ホームページより

上記の注意はとても大切です。
注意を守り、病院の検査も必ず受けましょう。




『専門の薬剤師が、

    親身な相談をいたします。』



私にお悩みを、ご相談して下さい。

担当薬剤師の 成田 寿(なりた ひとし) と申します。
薬科大学を卒業以来、漢方薬の研究一筋の薬剤師です。
健康についてのお悩みは、何でもお気軽にご相談して下さい!


「ハートが勝負の健康相談!」

20年以上健康相談の仕事にたずさわってきて、一番大切なことは
「どれだけハートで汗をかいているか」ではないかと思います。

真剣に病気で悩んでいるお客様のご相談にこたえるには、
こちらの真剣さが一番大切だと思います。
真剣になることは、「ハートで汗をかくことだ」と私は考えています。

このような心がけで、いつも全力でご相談にのり
心をこめて、漢方薬を調剤いたしております。


当店は創業25年の漢方相談の専門店です。

・お気軽にご相談して下さい!


秋田市土崎港中央2−2−11

薬局開設許可番号 第04-030900号 
良薬専門 あきた漢方薬局


非結核性(非定型)抗酸菌症非結核性(非定型)抗酸菌症非結核性(非定型)抗酸菌症非結核性(非定型)抗酸菌症非結核性(非定型)抗酸菌症非結核性(非定型)抗酸菌症非結核性(非定型)抗酸菌症非結核性(非定型)抗酸菌症非結核性(非定型)抗酸菌症非結核性(非定型)抗酸菌症

プロフェッショナルの本物漢方をお試し下さい!

漢方無料相談室(お気軽にお電話を)

・0120-358-601

・FAX 018-845-9092


メール相談はこちらから→

非結核性抗酸菌症(MAC症)でお悩みの方
プロフェッショナルの本物漢方をお試し下さい!

当店では漢方をよく研究し、十分に経験をつんだ薬剤師が、親切でていねいな相談をして
体質症状に合ったオーダーメイドの漢方薬を調剤致します。
悩んでいないでまずは御相談を!

肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症肺MAC症肺マック症肺Mac症
・当店の詳しいことは、一番上の黄色の
『あきた漢方薬局』 の部分をクリックして
トップページをご覧下さい。
下のリンクからもトップページをご覧頂けます。

・トップページへ→


MAC 症に関係した健康ニュースです

続き▽
| http://www.kanpow.jp/index.php?e=159 |
| 漢方で解決!呼吸器疾患::非結核性抗酸菌症
肺MAC症の漢方薬
| 07:17 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑