■LINK■
■あきた漢方薬局■
■OTHER■
 

漢方で解決!線維筋痛症

『原因不明の痛み』 でお悩みの方!


免疫力を高める漢方薬 をお試し下さい。




担当薬剤師の 成田 寿(なりた ひとし) と申します。
薬科大学を卒業以来、漢方薬の研究一筋の薬剤師です。

私にお悩みを、ご相談して下さい。
無料相談室まで、お電話を!
・ 0120-358-601



線維筋痛症の診断基準

1.広範囲の疼痛が続いていること

定義:次にあげるもの全てが生じている場合には、広範囲の疼痛と考えられる。

左半身の痛み
右半身の痛み
腰より上の痛み
腰より下の痛み
骨格系の痛み(頸部脊椎、前部脊椎、胸部脊椎、背中の下部)

この定義においては、左右の肩部と臀部の痛みはそれぞれ左右半身の痛みに含まれ、背中の下部の痛みは下半身の痛みと考える。




2.18箇所の圧痛点のうち11箇所以上に痛みがあること

定義:指圧による痛みが、次の18箇所のうち11箇所以上存在すること。

後頭部:後頭骨下部筋付着部(左右)
下頸部:C5−C7における横突間帯の前部(左右)
僧帽筋:上側縁の中間点(左右)
棘上筋:内側縁付近の肩甲棘の上(左右)
第二肋骨:第二肋骨軟骨接合部、接合部上面のすぐ脇(左右)
外側上顆:上顆から2cm(左右)
臀部:外側に張り出した片側臀部を四分割した上外側(左右)
大転子:転子窩突起の後部(左右)
膝:関節線近傍の内側脂肪体(左右)

指圧は約4kgの力で行うこと。

指圧により患者が痛いと感じた場合に、その指圧点を陽性であるとする。Tender(普段は感じないが押すといたい場合)は、痛いとしない(訳者注1)。

*上記の2つの基準を満たす場合には、患者は線維筋痛症と診断されるが、これは分類を目的とした基準です。また、広範囲の疼痛は、3ヶ月以上続いていなければならない。二次的臨床疾患の存在により、線維筋痛症は除外されません。

アメリカリュウマチ学会
1990年線維筋痛症分類基準より


★ここがポイント
☆西洋医学では有効な治療法がない場合もあると言われていますが、

漢方では人間に備わっている菌に抵抗する力、免疫力を高めることを中心にすることで対応できます。


漢方の処方は薬物の心を調合するもの

心をこめて調剤いたします!


・病む人の気持ちで、心と体をよく暖めて、骨身惜しまず調合すべし。
・患家を師として、先人の遺訓を守り、常に原典を顧みて研鑚すべし。
・経験を重ねて、直感を磨くべし。
・見えざる証あり。見え難き証あり。四診よりも、お客様の苦痛を優先すべし。
・節食と鍛錬は、治病の要訣なり。
・病を治するは、自然の治癒力なり、薬方は、杖に過ぎざるものと知るべし。
・生薬は、十分吟味すべし。天地の恵みに感謝して、自然を守るべし。 


☆線維筋痛症に用いる主な漢方処方

・症状を改善して、体力をつけ自然治癒力を高める処方を服用します。

柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  精神不安があって驚きやすく、心悸亢進(しんきこうしん)めまい、のぼせ、不眠などある方

黄連解毒湯(おうれんげどくとう) 
  イライラ、不安、のぼせ症状、胃部のつかえ感、目の充血などのある方

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
  血色悪く、微熱、頭汗、盗汗、疲労倦怠感、食欲不振などがあり、へその部分に動悸のある方

柴朴湯(さいぼくとう) 
  口が苦くみぞおちのつかえ感があり、のどの違和感、感情不安定、疲労倦怠感のある方

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう) 
  微熱、悪寒し、みぞおちがつかえ、頭痛、関節痛があり、胃痛)、腹痛、食欲不振などを伴う方

柴苓湯(さいれいとう) 
  尿の出が悪い、下痢傾向があり寒気、口が苦くみぞおちのつかえ感のある方

桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
  頭痛、のぼせ、耳鳴りなどを伴って疲労しやすく、臍(さい)部周辺に動悸(どうき)を自覚する方

加味帰脾湯(かみきひとう) 
  身体が衰弱して熱があったり、神経のつかい不安、動悸、不眠のある方。

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ) 
  体力や抵抗力がない方の精神興奮、不安感、全身倦怠感などの神経症状に用います。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 
  胃腸機能減退して、疲労倦怠感、食欲不振があり頭痛、、ねあせ、微熱などがある方  

このような処方の中から体質、症状に合ったものを服用します。

・上記の漢方処方との併用をおすすめしている精神疲労(気持ちの疲れ)に効果のある漢方製剤もあります。

漢方製剤は何種類かありますので、詳しくはご相談下さい。



『専門の薬剤師が、

    親身な相談をいたします。』



★悩んでいないで、お気軽にお電話を下さい!

担当薬剤師の 成田 寿(なりた ひとし) と申します。
薬科大学を卒業以来、漢方薬の研究一筋の薬剤師です。
健康についてのお悩みは、何でもお気軽にご相談して下さい!



漢方無料相談室(お気軽にお電話を)

・0120-358-601

・FAX 018-845-9092


メール相談はこちらから→
◎当店で調剤を御希望の方、価格などはこちらをご覧下さい。→


「ハートが勝負の健康相談!」

20年以上健康相談の仕事にたずさわってきて、一番大切なことは
「どれだけハートで汗をかいているか」ではないかと思います。

真剣に病気で悩んでいるお客様のご相談にこたえるには、
こちらの真剣さが一番大切だと思います。
真剣になることは、「ハートで汗をかくことだ」と私は考えています。

このような心がけで、いつも全力でご相談にのり
心をこめて、漢方薬を調剤いたしております。



続き▽
| http://www.kanpow.jp/index.php?e=203 |
| 漢方で解決!痛み::線維筋痛症の漢方薬 | 12:52 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑