■LINK■
■あきた漢方薬局■
■OTHER■
 

よく用いられる漢方薬の簡単な解説です。


わかりやすい漢方薬の基本解説です。

・この解説は、わかりやすく基本的な事だけを書きましたが、実際に漢方薬を服用する場合漢方独自の診察方や、一つ一つの処方を縦からも横からも研究している事が大切になってきます。
漢方に精通している方にご相談の上服用することが効果的な服用のポイントだと思います。


安中散(アンチュウサン)
【構成生薬】 桂枝・茴香・茯苓・延胡索・縮砂・良姜・牡蛎・甘草

★やせ型でおなかの筋肉が軟らかい人の、以下の症状や疾患に用います。
「胃痛や腹痛があって、ときにゲップ・胸やけ・吐き気・食欲不振などのある人」
「神経性胃炎」
「慢性胃炎」
「胃酸過多」
やせ気味で比較的体力が低下した者の慢性に経過する胃痛や胸やけに用いる。
○腹部軟弱で心窩部の振水音を認めるとき。
○消化不良気味で心下部に膨満感、悪心、嘔吐があるとき。

温清飲(うんせいいん)
【構成生薬】
地黄・当帰・芍薬・川キュウ・黄連・黄ゴン・黄柏・山梔子

★皮膚の色ツヤ悪い人の、以下の症状や疾患に用います。
「不眠」
「不安」
「のぼせ」
「月経不順」
「月経困難」
「更年期障害」
「神経症」
「皮膚疾患」

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
【構成生薬】
黄連・黄ゴン・黄柏・山梔子

★比較的体力があり、のぼせ気味でイライラする人の、以下の症状・疾患に用います。
「胃炎」
「二日酔い」
「不眠症」
「ノイローゼ」
「高血圧症」
「動悸」
「めまい」
「かゆみ」
「出血」

乙字湯(おつじとう)
【構成生薬】
柴胡・当帰・黄?・升麻・甘草・大黄

★大便が硬く、便秘気味の人の、以下の症状・疾患に用います。

・きれ痔
・イボ痔(痔核)
・陰部掻痒症
・下血
・肛門裂傷
・痔の疼痛
・痔出血
・湿疹
・女子の前陰部掻痒症
・脱肛
・ほてり
・不眠


葛根湯(かっこんとう)
   【構成生薬】
葛根、麻黄、桂枝、芍薬、甘草、生姜、大棗

目標比較的体力にある人で、炎症性や疼痛性疾患の初期あるいは慢性疾患の急性増悪期に用いる。
感冒などの熱性疾患では、初期段階の悪寒・発熱・頭痛・項背部のこわばりなどがある者に用いる
疼痛性疾患では局部の疼痛・腫れ・発赤などがある者
皮膚疾患の初期で、患部が発赤・腫れ・かゆみの強い者
適応★比較的体力があり、頭痛・発熱・悪寒があって、自然発汗が無い人の、以下の疾患に用います。
「感冒」
「肩こり」
「神経痛」
「中耳炎」
「乳腺炎」
「湿疹」

加味逍遥散(かみしょうようさん)
【構成生薬】
牡丹皮・山梔子・柴胡・当帰・白芍薬・白朮・茯苓・甘草・薄荷・生姜

★頭痛・頭重・のぼせ・肩こり・倦怠感があり、食欲不振や便秘する者。
・「不定愁訴がある者」。
・「神経症」
・「不眠症」
・「更年期障害」
・「月経不順」
・「胃神経症」
・「胃アトニー症」
・「胃下垂症」
・「胃拡張症」
・「便秘症」
・「湿疹」
などに用います。

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

【構成生薬】
桂枝・芍薬・大棗・生姜・白朮・甘草・附子

★冷え症で、しびれ・痛みがある人の、以下の症状・疾患に用います。
・「神経痛」
・「関節炎」
・「リウマチ」 など。

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
【構成生薬】
桂枝・芍薬・生姜・甘草・大棗・竜骨・牡蠣

★神経症状があり尿量が多い人の、以下の症状・疾患に用います。
「頭痛」
「のぼせ」
「耳鳴り」
「動悸」
「ノイローゼ」
「陰痿」
「小児夜尿症」
「夜驚症」など。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
【構成生薬】
桂枝・茯苓・牡丹皮・桃仁・芍薬

目標体力中等度、のぼせて赤ら顔のことが多く、下腹部に抵抗を訴える者?血に伴う諸症状に用いる
★のぼせて血色良い人の、以下の症状・疾患に用います。
「頭痛」
「肩こり」
「めまい」
「下腹部の圧痛」
「月経不順」
「月経痛」
「更年期障害」
「血の道症」
「頭重」
「打ち身」など。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
【構成生薬】
地黄・山茱萸・山薬・沢瀉・茯苓・牡丹皮・桂枝・附子・牛膝・車前子

★疲れやすく四肢が冷える人の、以下の症状・疾患に用います。
「下肢痛」
「シビレ」
「老人のかすみ目」
「排尿困難」
「頻尿」
「むくみ」
「かゆみ」など。

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
【構成生薬】
呉茱萸・生姜・人参・大棗

★手足が冷えやすい人の、以下の症状・疾患に用います。
「片頭痛」
「発作性頭痛」
「しゃっくり」
「吐き気」など。

五苓散(ごれいさん)
【構成生薬】
猪苓・茯苓・白朮・沢瀉・桂枝

★ノドが渇いて、水を飲むが尿量が少ない人の、以下の症状・疾患に用います。
「急性胃腸カタル」
「頭痛」
「二日酔い」
「吐き気」
「頭重」
「ネフローゼ」
「乳幼児の下痢」など。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
【構成生薬】
柴胡・龍骨・黄?・生姜・人参・桂枝・茯苓・半夏・大黄・牡蠣・大棗

目標比較的体力がある者。精神不安・不眠・イライラなどがあって胸脇苦満がある者。
腹部大動脈の亢進を認めることがある
★比較的体力があって、イライラして不眠で、動悸を感じるひとの症状・疾患に用います。
「高血圧症」
「不眠症」
「動脈硬化症」
「夜驚症」など、応用範囲は広い。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
【構成生薬】 柴胡・桂枝・乾姜・?楼根・黄ゴン・牡蠣・甘草

   比較的体力が低下、顔色が悪く、動悸・息切れ・不眠などがあり、 疲労倦怠がある。
★衰弱して血色悪い人の、以下の症状・疾患に用います。
「微熱」
「寝汗」
「食欲不振」
「神経衰弱」
「ノイローゼ」
「不眠症」
「血の道症」など。
 体力弱く、冷え症・貧血気味で、動悸・息切れがあり、神経過敏の者の
 [更年期障害]
 [神経症]

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
【構成生薬】
柴胡・半夏・桂枝・黄ゴン・人参・芍薬・大棗・甘草・生姜

★発熱、悪寒、頭痛、身体痛、吐き気、食欲不振、腹痛などがあって心下部が張って苦しいもの。
・「感冒」
・「肺炎などの後期」
・「胃潰瘍」
・「十二指腸潰瘍」
・「胆嚢炎」
・「胆石」
・「肝機能障害」
・「膵臓炎」など広範囲に応用できます。

四逆散(しぎゃくさん)
【構成生薬】
甘草・枳実・柴胡・芍薬

目標体力中程度以上で、腹直筋の攣急があり、[イライラ][不眠][抑うつ]などの神経症状を訴える者
★胃がつかえ、圧痛がある人の、以下の症状・疾患に用います。
「胆嚢炎」
「胃炎」
「胃潰瘍」など。
比較的体力がある者の、
・胆石症・胃酸過多・胃潰瘍・気管支炎・神経質・ヒステリーなどに用いる

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
【構成生薬】
当帰・川キュウ・芍薬・熟地黄・人参・白朮・茯苓・甘草・黄蓍・桂皮

★皮膚にツヤが無く、やせた人の、以下の症状・疾患に用います
「貧血」
「衰弱」
「低血圧」
「病後の体力低下」
「ノイローゼ」
「胃弱」など

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
【構成生薬】
柴胡・桜皮・桔梗・生姜・川キュウ・茯苓・独活・防風・甘草・荊芥

体力中程度、皮膚疾患に用いる。患部は発散性やびまん性の発疹で浸出液が少ない。
化膿していたり、化膿を繰り返す疾患に。

小建中湯(しょうけんちゅうとう)
【構成生薬】
桂枝・甘草・大棗・芍薬・水飴・生姜

★虚弱体質で疲れやすく、甘いのもが好きな人の、以下の症状・疾患に用います。
・「神経質」
・「慢性胃腸炎」
・「貧血症」
・「頻尿」
・「腺病質」
・「夜尿症」
・「夜泣き」
・「動悸」
・「手足のほてり」など。

小柴胡湯(しょうさいことう)
【構成生薬】
柴胡・黄ゴン・人参・半夏・甘草・生姜・大棗
★胸や脇腹が重苦しく、疲れやすく、微熱があったり、悪寒と熱感が交互にあったり、食欲が無い人に用います。
・「感冒」
・「気管支炎」
・「胃腸病」
・「肝臓疾患」
・「貧血」
・「吐き気」
・「嘔吐」など。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
【構成生薬】
麻黄・芍薬・細辛・乾姜・甘草・桂枝・五味子・半夏

★胃腸が丈夫な人の、以下の症状・疾患に用います。
「せき」
「鼻水」
「感冒」
「気管支炎」
「気管支喘息」
「アレルギー性鼻炎」
「アレルギー性結膜炎」など。

消風散(しょうふうさん)
【構成生薬】
当帰・地黄・防風・蝉退・知母・苦参・胡麻・荊芥・蒼朮・牛蒡・石膏・甘草・木通

★分泌物が多く、かゆみが強い、以下の症状・疾患に用います。
・「ジンマシン」
・「湿疹」
・「皮膚掻痒症」
・「アトピー性皮膚炎」など。

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
【構成生薬】
辛夷・知母・百合・黄?・梔子・麦門冬・石膏・升麻・枇杷葉

★黄色い鼻汁が出る人の疾患に用います。
「鼻づまり」
「蓄膿症」
「慢性鼻炎」など。

真武湯(しんぶとう)
【構成生薬】
茯苓・芍薬・生姜・白朮・附子

新陳代謝が低下して体力虚弱な人で、全身の倦怠感や手足の冷感、下痢、腹痛を訴える者。
裏急後重を伴わない下痢
めまい・身体動揺感・心悸亢進を伴う場合
★冷えて機能低下がある人の、疾患に用います。
「めまい」
「動悸」
「むくみ」
「ケイレン」
「老人の慢性下痢」
「慢性胃炎」
「感冒」
「せき」
「高血圧症」など

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
【構成生薬】
大黄・甘草

常習性便秘・急性便秘
体力中等度で便秘が習慣化している方。

大柴胡湯(だいさいことう)
【構成生薬】
柴胡・半夏・生姜・黄ゴン・芍薬・大棗・枳実・大黄

★筋肉質で体力があり、便秘傾向の人の疾患に用います。
「胃炎」
「高血圧」
「肩こり」
「便秘」
「頭痛」
「胆石症」
「肥満」など。

桃核承気湯(とうがくじょうきとう)
【構成生薬】
桃仁、大黄、桂枝、甘草、芒硝
★比較的体力があり、のぼせて、便秘する人の疾患に用います。
・「月経不順」
・「更年期障害」
・「動脈硬化」
・「腰痛」
・「高血圧症」など。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
【構成生薬】
当帰、芍薬、甘草、木通、桂枝、細辛、生姜、呉茱萸、大棗

★冷え症の症状・疾患に用います。
「腰痛」
「慢性頭痛」
「下腹部痛」
「胃が重い」
「座骨神経痛」など。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
【構成生薬】
当帰・川キュウ・芍薬・茯苓・白朮・沢瀉

★色白で、貧血・冷え症気味の人の症状・疾患に用います。
・「月経不順」
・「月経痛」
・「更年期障害」
・「痔」
・「貧血症」など広範囲に応用されます。

人参湯(にんじんとう)
【構成生薬】
人参・甘草・乾姜・白朮

★胃腸が冷えて、胃内停水がある人の症状や疾患に用います。
「慢性下痢」
「貧血症」
「嘔吐」
「胃炎」など。

麦門冬湯(ばくもんとうとう)
【構成生薬】
麦門冬・半夏・人参・甘草・粳米・大棗

★ノドの異物感がある人の症状や疾患に用います。
「激しいせき」
「タンの切れにくいせき」
「気管支炎」
「気管支喘息」など。

八味丸(はちみがん)
【構成生薬】
地黄・山茱萸・山薬・沢瀉・茯苓・牡丹皮・桂枝・附子

○中年期以降の者で、下肢の脱力感・冷え・シビレがあり、排尿異常<特に夜間の頻尿>を訴える者
上腹部にくらべて下腹部が軟弱無力の者。
多尿・頻尿・乏尿がある者
疲労倦怠感・腰痛・口渇などがある
★副腎や泌尿器・生殖器の機能が低下した人の症状や疾患に用います。
「糖尿病」
「動脈硬化」
「ネフローゼ」
「腰痛」
「尿もれ」がある人など。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
【構成生薬】
半夏・茯苓・生姜・厚朴・蘇葉

★気分がふさいで、ノドの異物感があったり、胃が重苦しい人の症状・疾患に用います。
・「せき」
・「不安神経症」
・「しわがれ声」
・「不眠症」など。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
【構成生薬】
半夏・黄ゴン・乾姜・人参・甘草・黄連・大棗

みずおちがつかえ、吐き気や嘔吐がある人の症状や疾患に用います
「食欲不振」
「消化不良」
「下痢」
「つわり」 など

防已黄蓍湯(ぼういおうぎとう)
【構成生薬】
防已・甘草・白朮・黄蓍・生姜・大棗

★色白で汗をかきやすい人の症状・疾患に用います。
「むくみ」
「水太り」
「関節炎」
「関節リウマチ」など。

防風通聖散(ぼうふうつうせいさん)
【構成生薬】
当帰・芍薬・川?・梔子・連翹・薄荷葉・生姜・荊芥・防風・麻黄・大黄・芒硝・白朮・桔梗
・黄ゴン・石膏・甘草・滑石

★脂肪太りで、便秘気味の人の症状・疾患に用います。
「動脈硬化」
「高血圧症」
「肥満症」など 

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
【構成生薬】
人参・白朮・当帰・甘草・陳皮・柴胡・升麻・黄蓍・生姜・大棗

★消化機能の落ちた方の疾患に用います。
・「夏やせ」
・「病後の体力低下」
・「低血圧症」
・「痔」
・「脱肛」 など応用範囲は広いです。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)
【構成生薬】
麻黄・杏仁・甘草・石膏

★比較的体力があり、汗が出る人の症状・疾患に用います。
・「気管支炎」
・「気管支喘息」
・「小児喘息」
・「百日咳」
・「呼吸困難」など。

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
【構成生薬】
当帰・釣藤鈎・川?・白朮・茯苓・柴胡・甘草・陳皮・半夏

★虚弱体質で怒りっぽい人の症状・疾患に用います。
「不眠」
「ひきつけ」
「動悸」
「更年期障害」
「神経症」
「夜泣き」など。

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
【構成生薬】
茯苓・桂枝・白朮・甘草

★むくみ気味の症状・疾患に用います。
「神経性心悸亢進症」
「めまい」
「メニエール症候群」
「ノイローゼ」
「不眠症」など。
立ちくらみ・めまい、あるいは動悸がひどく、のぼせて頭痛がし、顔面が少し紅潮したり、あるいは 貧血し、排尿回   数多く、尿量減少して口唇部が乾くもの。
神経性心悸亢進・神経症・充血・耳鳴り・不眠症・血圧異常・心臓衰弱・腎臓病

六君子湯(りっくんしとう)
【構成生薬】
人参、白朮、茯苓、甘草、半夏、陳皮、大棗、生姜

★胃弱で、疲れやすい人の症状・疾患に用います。
・「胃炎」
・「胃痛」
・「食欲不振」
・「嘔吐」
・「貧血」
・「冷え症」など。

六味丸(ろくみがん)
【構成生薬】
熟地黄、山茱萸、山薬、茯苓、沢瀉、牡丹皮

★疲れやすく、口が渇く人の症状・疾患に用います。
「排尿困難」
「頻尿」
「むくみ」
「かゆみ」など、
比較的体力の低下した者(腎陰虚)に用いる
疲労感・下半身のシビレ感・尿量減少または多尿・夜間尿・遺尿・遺精・陰痿・腰痛など
上腹部に比べて下腹部が軟弱なことが多い。
冷え・浮腫は少ない



参考文献

大塚敬節著 「臨床應用傷寒論解説」創元社
大塚敬節主講 「金匱要略講話」創元社
大塚敬節著 「症候による漢方治療の実際」南山堂
龍野一雄著 「漢方入門講座」中国漢方
龍野一雄編著 「新撰類聚方」中国漢方
奥田謙蔵著 「傷寒論講義」医道の日本社
奥田謙蔵著 「漢方古方要方解説」医道の日本社
長沢元夫著 「康治本傷寒論の研究」健友館
山田光胤著 「漢方処方応用の実際」南山堂
日本漢方協会学術部編 「傷寒雑病論」東洋学術出版社
長濱善夫著 「東洋医学概説」創元社
西山英雄著 「漢方医学の基礎と臨床」創元社
西山英雄訓訳 「和訓類聚方広義・重校薬徴」創元社
荒木正胤著 「日本漢方の特質と源流」御茶の水書房
長谷川弥人著 「勿誤薬室方函口訣釈義」創元社
相見三朗著 「漢方の心身医学」創元社
寺師睦宗著 「成人病の漢方療法」創元社
矢数道明著 「漢方後世要方解説」医道の日本社
矢数有道著 「方証学後世要方釈義」自然社
矢数格著 「漢方一貫堂医学」医道の日本社
桑木崇秀著 「エキス剤による漢方診療ハンドブック」創元社
甲賀通元編 「和訓古今方彙」緑書房
柳谷素霊原著 「実地応用簡明不問診察法」石山針灸医学社
上海中医学院編 「中医学基礎」燎原
曲直瀬道三著・池尻勝編 「新版・衆方規矩」燎原
張明澄著 「中国漢方医学体系」東明社
劉渡舟著 「中国傷寒論解説」東洋学術出版社
広東中医学院主編 「中医診断学」自然社
中山医学院編 「漢方の臨床応用」医歯薬出版(株)
伊藤良・山本巌監修 「中医処方解説」医歯薬出版(株)
伊藤清夫総監修 「漢薬運用の実際」健友館
医学堂研究会翻訳 「漢方配合応用」薬業時報社
許浚著 「東醫寶鑑」
柴崎保三著 「黄帝内経」雄渾社
林乾良・劉正才 「不老宝典」自然社
寺島良安著 「和漢三才図会」東洋文庫
人見必大著 「本朝食鑑」東洋文庫
小野蘭山著 「本草綱目啓蒙」東洋文庫
代田文誌著 「沢田流聞書鍼灸眞髄」医道の日本社
山田國弼著 「澤田流鍼灸ノートブク」けいせい出版
本間祥白著 「図解十四経発揮」医道の日本社
森秀太郎著 「解剖経穴図」医道の日本社
創医会学術部編 「漢方用語大辞典」燎原
愛知大学編 「中日大辭典」大修館書店
上海科学技術出版社 「中薬大辞典」小学館 編
上海科学技術出版社 「実用中医気功学」
南山堂 「医学大辞典」南山堂


| https://kanpow.its01.cfbx.jp/index.php?e=139 |
| 漢方薬は1ヵ月12000円::わかりやすい漢方薬解説 | 06:03 PM | comments (x) | trackback (x) |
中神琴渓さん・2
■中神琴溪
 独学によって古方派の医学を修め、疾医の道に徹してよく大医の域に達した琴溪は、近江が生んだ特異な名医であった。琴溪は名は孚、通称右内、字を以隣といい、琴溪と号した。寛保四年(一七四四)近江国栗太群南山田村の真宗西念寺の二男として生まれた。幼い頃膳所の糀屋某の養子になったが、のち大津の医家中神氏の家を嗣いで医師となった。三十余歳の折、六角重任の『古方便覧』をみて感激し、それより発奮して吉益東洞の著書を熟読し、東洞の思想に大いに共鳴したといわれている。
 はじめ大津に近い長等山の麓に住み、この間、大津の宿場女郎の梅毒治療に軽粉をしばしば用いて治験をあげた。寛政三年(一七九一)四十八歳の時、京都に移って医業を開き、大いに繁昌した。その後江戸に遊び、また諾国を遊歴したのち、近江の田上に隠栖し、また南山城、宇治付近の有王村に移って桑や茶を植えて楽しんだということである。最後に郷里山田村に帰り、天保六年(一八三五、一説に天保四年)九十二歳で死去した。
 琴溪は、医術を修めるには師匠より直接の口伝を受けるべきで、書物でこれを学ぶことは不可であるとした。したがって琴溪自身も自ら書物を著わすことはなかったが、門人が師匠の講義を筆記したと思われる書物がいくつかある。現在琴溪の著書とされているものは『生生堂医譚』『生生堂雑記』『生生堂治験』『生生堂養生論』などがある。
 琴溪が医学に対していだいていた根本理念は、「医術は実際に役立つものでなければならない。それには定則に拘泥せず、常に臨機応変の治療をしなければならない。そのためには従来の学説、すなわち規則を破らねばならない」とした。そして、琴溪が門人に教えた第一の点は「事実を尚び、実学を学べ」ということであった。「医学をするのは何の為ぞ、疾を癒やすこそ肝要なるべけれ」のこの一語こそ、琴溪にとっての初志でもあり、終局の目的でもあった。門人の中で後世に名を残したのは、著書に『吐方論』のある喜多村良宅がいる。(参考・山田光胤『自由の医人中神琴溪』)

私の尊敬し目標としている江戸時代の名医 中神琴渓さんの口訣です。 

・どんなりっぱな学問をこしらえても、実際に病人の役に立たなければ意味がない。

・薬をまず自分の身体で試し、実際に効果のあるものを取り、日夜たえまなく心を用いること。真剣に心を用いたならば、医道の真髄を知ることは決して難しいことではない。

・どんな道でも学んで得ようとするならば、それぞれの道の要点を知らなければいけない。医の道は病を治すのが要点になる。実際に効果の明らかなものだけを認めること。
     



| https://kanpow.its01.cfbx.jp/index.php?e=110 |
| 漢方薬は1ヵ月12000円::私の尊敬する漢方の先人 | 07:28 PM | comments (x) | trackback (x) |
お手軽な漢方錠剤〔医薬品〕は20日分で3675円〜 (50種類取り揃えています)

約50種類の処方を取り揃えていますので、幅広く対応できます。
飲みやすくて、お手軽な価格の漢方薬の錠剤〔医薬品〕は20日分入り(税込み)

1)3675円
2)4200円
3)4725円
の3タイプの価格になります。
お手軽な錠剤でも体質に合ったものを服用しますと効果は十分期待出来ます。体質に合ったものを服用する事がポイントですので、ご来店いただけましたら、専門の薬剤師が御相談の上、体質に合ったものを、おすすめいたします。
初めて漢方薬を飲む方にピッタリです。お気軽に御相談ください。



| https://kanpow.its01.cfbx.jp/index.php?e=100 |
| 漢方薬は1ヵ月12000円:: | 06:24 PM | comments (x) | trackback (x) |
中神琴渓さん
文政年間の京都の医界で名医として知られた中神琴渓は、近江国山田村の貧農の家に生まれたが、独学奮励して医者になった人物である。 彼には次のような「死を予知する」ということに関連した逸話がある。三十を過ぎたある日、いつものように野菜の行商で大津まで出て、ある髪結床に作物を買ってもらい、そこで一休みしていた時のことである。 床屋の親方が妙なことを口にした。先程帰った客の老人は気の毒だが近いうちに死ぬだろうと言うのである。それを聞いて半信半疑でそれとなく気に止めていたところ、はたしてその老人は幾日かして本当に死んだ。 琴渓は驚いて、なぜ予知できたのかしつこく親方に尋ねるとその理由を話してくれた。「これまで何千人もの髪を結ってきたが、死が近づくと決まって代月のところに証が現れるのが分かるようになっただけのことだ」と。 琴渓はこれに大いに感じた。髪結床の親方さえこれだけのことが分かるのである。自分も医者となりその道を極めれば、人の生死を予見できるようになると。一大決心をした琴渓は医学書を漁り、その中でも特に六角重任著・吉益東洞閲『古方便覧』二巻を精読・研究し、ついに四十九歳のとき京に出て開業したという。 これは下で紹介している私の尊敬している江戸時代の名医「中神琴渓」さんの逸話です。私は何百冊の漢方専門書を読みましたが、琴渓さんが弟子に話したことをまとめた本が一番だと思いました。感動して三冊買ってしまいました。私の宝物の一つです。




| https://kanpow.its01.cfbx.jp/index.php?e=83 |
| 漢方薬は1ヵ月12000円::私の尊敬する漢方の先人 | 10:07 PM | comments (x) | trackback (x) |
当店で調剤できるおもな漢方薬
★医師の処方せんなしに漢方専門薬局が直接調剤する漢方薬を薬局製剤と言います。薬局製剤の許可証と漢方処方の製造承認書をとった薬局が承認された漢方処方の範囲内で患者さんから相談を受けて、体質と症状にあった処方を選んで「薬局製剤」として調剤することが認められています。  歴史的に見ると明治時代以降、医療は西洋医学一辺倒となり、日本の伝統医学である漢方医学は社会的に日陰の存在になりました。  しかし生薬学は薬剤師になるための必須科目とされ、漢方を学んだ医師がいない時代、漢方は「薬局漢方」により継承されました。漢方専門薬局が「薬局製剤」の範囲で、漢方処方を医師の処方せんなしに調剤できるのはこの流れをくむものです。          

☆当薬局の漢方薬は医薬品であり、製造業の許可を得て調合し、販売しております。
 医薬品製造許可番号 第04-014600号

●【当店で調剤できるおもな薬局製剤】安中散  胃苓湯  温経湯  温清飲  温胆湯  黄耆建中湯  黄連阿膠湯  黄連解毒湯  黄連湯  乙字湯  葛根紅花湯  葛根湯  加味温胆湯  加味帰脾湯  加味逍遥散  加味逍遥散合四物湯  乾姜人参半夏丸  甘草瀉心湯  甘草湯  甘麦大棗湯  桔梗湯  帰蓍建中湯  帰脾湯  杏蘇散  苦参散  荊芥連翹湯  桂枝湯  桂枝加黄耆湯  桂枝加葛根湯  桂枝加厚朴杏仁湯  桂枝加芍薬生姜人参湯  桂枝加芍薬大黄湯  桂枝加芍薬湯  桂枝加朮附湯  桂枝加竜骨牡蠣湯  桂枝人参湯  桂枝茯苓丸  啓脾湯  荊防敗毒散  桂麻各半湯  香砂六君子湯  香蘇散  五虎湯  牛車腎気丸  呉茱萸湯  五積散  五物解毒湯  五淋散  五苓散  柴陥湯  柴胡加竜骨牡蠣湯  柴胡桂枝乾姜湯  柴胡桂枝湯  柴胡清肝湯  柴芍六君子湯  柴朴湯  柴苓湯  三黄瀉心湯  酸棗仁湯  滋陰降下湯  四逆散  四君子湯  七物降下湯  柿蔕湯  四物湯  炙甘草湯  芍薬甘草湯  十全大補湯  潤腸湯  生姜瀉心湯  小建中湯  小柴胡湯  小柴胡湯加桔梗石膏湯  小承気湯  小青竜湯  小青竜湯加石膏  小青竜湯合麻杏甘石湯  小半夏加茯苓湯  升麻葛根湯  逍遥散  四苓湯  辛夷清肺湯  参蘇飲  神秘湯  清暑益気湯  清上防風湯  清心蓮子飲  清肺湯  疎経活血湯  蘇子降気湯  大黄甘草湯  大黄牡丹皮湯  大建中湯  大柴胡湯  調胃承気湯  釣藤散  猪苓湯  猪苓湯合四物湯  通導散  桃核承気湯  当帰飲子  当帰建中湯  当帰散  当帰四逆加呉茱萸生姜湯  当帰四逆湯  当帰芍薬散  当帰湯  当帰貝母苦参丸料  独活葛根湯  独活湯  二陳湯  女神散  人参養栄湯  人参湯  排膿散  排膿湯  麦門冬湯  八味地黄丸  八味逍遥散  半夏厚朴湯  半夏瀉心湯  白虎加桂枝湯  白虎加人参湯  白虎湯  茯苓飲  茯苓飲加半夏  茯苓飲合半夏厚朴湯  茯苓沢瀉湯  平胃散  防己黄耆湯  防己茯苓湯  防風通聖散  補気建中湯  補中益気湯  麻黄湯  麻杏甘石湯  麻子仁丸  抑肝散  抑肝散加陳皮半夏  立効散  六君子湯  竜胆瀉肝湯  苓桂甘棗湯  六味地黄丸
               

各処方のわかりやすい解説は→

漢方薬の価格などは→

| https://kanpow.its01.cfbx.jp/index.php?e=78 |
| 漢方薬は1ヵ月12000円::調剤できるおもな漢方薬 | 09:04 PM | comments (x) | trackback (x) |
漢方薬が対応できる病気
慢性病などでお悩みの方、お気軽に御相談下さい。・・・・・[漢方薬が対応できる病気C型肝炎 急性肝炎 慢性肝炎 肝硬変 気管支喘息 小児喘息 アトピー性皮膚炎 アレルギー性鼻炎 子宮内膜症 子宮内膜増殖症 不妊症 ニ人目不妊 不育症(習慣性流産) 尋常性乾癬 痔核 いぼ痔 きれ痔 痔ろう 脱肛 過敏性腸症候群 副鼻腔炎(蓄膿症) 適応障害 摂食障害(拒食症、過食症) 歯周病(歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏) 不眠症 糖尿病 脳卒中(脳梗塞・脳出血) 心臓病 心筋梗塞 狭心症 漢方ダイエット 橋本病 バセドウ病(甲状腺機能亢進症) 原発性胆汁性肝硬変 強皮症 アレルギー紫斑病 突発性血小板減少性紫斑病 血小板減少性紫斑病 潰瘍性大腸炎 クローン病 憩室炎 虚血性腸炎 全身性エリテマトーデス ベーチェト病 慢性関節リウマチ 前立腺肥大症 前立腺ガン 気管支拡張症 肺壊疽 肺結核症 虚血性心疾患 鬱血性心不全 心臓喘息 高血圧 低血圧 心臓神経症 不整脈 急性胃炎 慢性胃炎 急性腸炎 慢性腸炎 胃腸神経症 急性膵炎 慢性膵炎 急性腎炎 慢性腎炎 ネフローゼ症候群 尿路結石 腎結石 尿道炎 膀胱炎 貧血 常習性頭痛 めまい 神経症 自律神経失調症 鬱病(うつ病) 老人性痴呆症 神経痛 腰痛症 坐骨神経痛 変形性膝関節症 頚椎捻挫 慢性関節リウマチ 進行性全身硬化症 肥満症 麻疹 消化不良症 周期性嘔吐症 虚弱症 起立性調節障害 夜尿症 夜啼症 夜驚症 チック症 夜泣き 癇症 つわり 妊娠悪阻 流産癖 産後脚気 マタニティブルー 月経不順(生理不順) 無月経 月経困難症(生理困難症)  子宮筋腫 子宮下垂 子宮ガン 子宮頸ガン 更年期障害 血の道症 湿疹 蕁麻疹 皮膚掻痒症 進行性指掌角皮症 フルンケル・カンブンケル ニキビ 肝斑(シミ) 帯状疱疹 眼精疲労 仮性近視 白内障 緑内障 軸性視神経炎 網膜色素変性症 急性中耳炎 慢性中耳炎 浸出性中耳炎 耳鳴 難聴 鼾声(イビキ) 口腔乾燥症 口内炎 舌痛症 リンパ浮腫 NASH(非アルコール性脂肪性肝炎) 慢性咳嗽 アトピー咳嗽 咳ぜんそく 副鼻腔気管支症候群 糖尿性腎症 社会不安障害(SAD) 悪性脳腫瘍 スティーブンス・ジョンソン症候群 金属皮膚炎  お気軽にご相談下さい。    




| https://kanpow.its01.cfbx.jp/index.php?e=72 |
| 漢方薬は1ヵ月12000円::漢方薬が対応できる病気 | 01:46 PM | comments (x) | trackback (x) |
体にやさしく更年期をソフトランディング!
「更年期障害」に用いる漢方薬

1.通導散
2.温経湯
3.五積散
4.帰脾湯
5.温清飲
6.清心蓮子飲
7.柴胡桂枝乾姜湯
8.女神散
9.香蘇散
10.甘麦大棗湯
11.抑肝散加陳皮半夏
12.真武湯

このような漢方薬の中から体質、症状に合った処方を服用します。
詳しくは専門の薬剤師に御相談ください。 漢方健康相談室018-845-0866


続き▽
| https://kanpow.its01.cfbx.jp/index.php?e=51 |
| 漢方薬は1ヵ月12000円 | 07:27 PM | comments (x) | trackback (x) |
お客様に支えられて 21年目・・・
●東洋医学との出合い
 私が初めて東洋医学に出合ったのは、高校2年生でした。当時陸上競技をしていた私はしつこい足の痛みに悩んでいました。整形外科を転々とし、治療を受けていましたがなかなか痛みがとれない状態が続いていた時、ある方の紹介でた どりついたのが東洋医学の治療院でした。一度の治療で劇的に痛みがとれた事、また外から見ただけで私の体の弱い部分を言い当てる事などに驚かされました。
 その後薬科大学に進学した私は一年生の冬の一月に、ある本を読み薬の世界にも東洋医学(漢方薬)がある事を知りました。興味は持ちましたが、基本的に薬学は西洋医学が中心でしたので、その後自分がそちらの方向に進むとはまだ考えていませんでした ・・・


| https://kanpow.its01.cfbx.jp/index.php?e=22 |
| 漢方薬は1ヵ月12000円:: | 08:57 PM | comments (x) | trackback (x) |
慢性病でお悩みの方。当店の漢方薬(薬局製剤)をお試し下さい!





☆当薬局の漢方薬は医薬品であり、製造業の許可を得て調合し、販売しております。
医薬品製造許可番号 第04-014600号。





漢方薬調剤の価格は

1日400円で、1カ月で12000円です。

(大人の価格で、どの漢方薬でも何種類混ぜても同じです。)

30日分(送料無料)で調剤いたします。

・ほとんどがエキス剤(粉薬)で、1日分が400円ですので
30日分で12000円(送料無料)となります。

子供さんは年齢により価格が異なってきますので、調剤の前に御確認下さい。




◎効果の高い漢方薬を調剤するため体質、症状を詳しくお聞きしたいので、
できるだけ電話相談をお願いいたしております。


漢方電話相談室0120-358-601

*どうしても時間のとれない方はメールでご相談下さい。


メール相談は混みあっていて、ご返答出来ない場合やご返答までに時間がかかる場合があります。ご了承ください。
:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:



| https://kanpow.its01.cfbx.jp/index.php?e=21 |
| 漢方薬は1ヵ月12000円::漢方薬は一律で1ヵ月12000円
分量、種類に関係なく同じです。
| 07:10 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑