■LINK■
■あきた漢方薬局■
■OTHER■
 

よく用いられる漢方薬の簡単な解説です。


わかりやすい漢方薬の基本解説です。

・この解説は、わかりやすく基本的な事だけを書きましたが、実際に漢方薬を服用する場合漢方独自の診察方や、一つ一つの処方を縦からも横からも研究している事が大切になってきます。
漢方に精通している方にご相談の上服用することが効果的な服用のポイントだと思います。


安中散(アンチュウサン)
【構成生薬】 桂枝・茴香・茯苓・延胡索・縮砂・良姜・牡蛎・甘草

★やせ型でおなかの筋肉が軟らかい人の、以下の症状や疾患に用います。
「胃痛や腹痛があって、ときにゲップ・胸やけ・吐き気・食欲不振などのある人」
「神経性胃炎」
「慢性胃炎」
「胃酸過多」
やせ気味で比較的体力が低下した者の慢性に経過する胃痛や胸やけに用いる。
○腹部軟弱で心窩部の振水音を認めるとき。
○消化不良気味で心下部に膨満感、悪心、嘔吐があるとき。

温清飲(うんせいいん)
【構成生薬】
地黄・当帰・芍薬・川キュウ・黄連・黄ゴン・黄柏・山梔子

★皮膚の色ツヤ悪い人の、以下の症状や疾患に用います。
「不眠」
「不安」
「のぼせ」
「月経不順」
「月経困難」
「更年期障害」
「神経症」
「皮膚疾患」

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
【構成生薬】
黄連・黄ゴン・黄柏・山梔子

★比較的体力があり、のぼせ気味でイライラする人の、以下の症状・疾患に用います。
「胃炎」
「二日酔い」
「不眠症」
「ノイローゼ」
「高血圧症」
「動悸」
「めまい」
「かゆみ」
「出血」

乙字湯(おつじとう)
【構成生薬】
柴胡・当帰・黄?・升麻・甘草・大黄

★大便が硬く、便秘気味の人の、以下の症状・疾患に用います。

・きれ痔
・イボ痔(痔核)
・陰部掻痒症
・下血
・肛門裂傷
・痔の疼痛
・痔出血
・湿疹
・女子の前陰部掻痒症
・脱肛
・ほてり
・不眠


葛根湯(かっこんとう)
   【構成生薬】
葛根、麻黄、桂枝、芍薬、甘草、生姜、大棗

目標比較的体力にある人で、炎症性や疼痛性疾患の初期あるいは慢性疾患の急性増悪期に用いる。
感冒などの熱性疾患では、初期段階の悪寒・発熱・頭痛・項背部のこわばりなどがある者に用いる
疼痛性疾患では局部の疼痛・腫れ・発赤などがある者
皮膚疾患の初期で、患部が発赤・腫れ・かゆみの強い者
適応★比較的体力があり、頭痛・発熱・悪寒があって、自然発汗が無い人の、以下の疾患に用います。
「感冒」
「肩こり」
「神経痛」
「中耳炎」
「乳腺炎」
「湿疹」

加味逍遥散(かみしょうようさん)
【構成生薬】
牡丹皮・山梔子・柴胡・当帰・白芍薬・白朮・茯苓・甘草・薄荷・生姜

★頭痛・頭重・のぼせ・肩こり・倦怠感があり、食欲不振や便秘する者。
・「不定愁訴がある者」。
・「神経症」
・「不眠症」
・「更年期障害」
・「月経不順」
・「胃神経症」
・「胃アトニー症」
・「胃下垂症」
・「胃拡張症」
・「便秘症」
・「湿疹」
などに用います。

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

【構成生薬】
桂枝・芍薬・大棗・生姜・白朮・甘草・附子

★冷え症で、しびれ・痛みがある人の、以下の症状・疾患に用います。
・「神経痛」
・「関節炎」
・「リウマチ」 など。

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
【構成生薬】
桂枝・芍薬・生姜・甘草・大棗・竜骨・牡蠣

★神経症状があり尿量が多い人の、以下の症状・疾患に用います。
「頭痛」
「のぼせ」
「耳鳴り」
「動悸」
「ノイローゼ」
「陰痿」
「小児夜尿症」
「夜驚症」など。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
【構成生薬】
桂枝・茯苓・牡丹皮・桃仁・芍薬

目標体力中等度、のぼせて赤ら顔のことが多く、下腹部に抵抗を訴える者?血に伴う諸症状に用いる
★のぼせて血色良い人の、以下の症状・疾患に用います。
「頭痛」
「肩こり」
「めまい」
「下腹部の圧痛」
「月経不順」
「月経痛」
「更年期障害」
「血の道症」
「頭重」
「打ち身」など。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
【構成生薬】
地黄・山茱萸・山薬・沢瀉・茯苓・牡丹皮・桂枝・附子・牛膝・車前子

★疲れやすく四肢が冷える人の、以下の症状・疾患に用います。
「下肢痛」
「シビレ」
「老人のかすみ目」
「排尿困難」
「頻尿」
「むくみ」
「かゆみ」など。

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
【構成生薬】
呉茱萸・生姜・人参・大棗

★手足が冷えやすい人の、以下の症状・疾患に用います。
「片頭痛」
「発作性頭痛」
「しゃっくり」
「吐き気」など。

五苓散(ごれいさん)
【構成生薬】
猪苓・茯苓・白朮・沢瀉・桂枝

★ノドが渇いて、水を飲むが尿量が少ない人の、以下の症状・疾患に用います。
「急性胃腸カタル」
「頭痛」
「二日酔い」
「吐き気」
「頭重」
「ネフローゼ」
「乳幼児の下痢」など。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
【構成生薬】
柴胡・龍骨・黄?・生姜・人参・桂枝・茯苓・半夏・大黄・牡蠣・大棗

目標比較的体力がある者。精神不安・不眠・イライラなどがあって胸脇苦満がある者。
腹部大動脈の亢進を認めることがある
★比較的体力があって、イライラして不眠で、動悸を感じるひとの症状・疾患に用います。
「高血圧症」
「不眠症」
「動脈硬化症」
「夜驚症」など、応用範囲は広い。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
【構成生薬】 柴胡・桂枝・乾姜・?楼根・黄ゴン・牡蠣・甘草

   比較的体力が低下、顔色が悪く、動悸・息切れ・不眠などがあり、 疲労倦怠がある。
★衰弱して血色悪い人の、以下の症状・疾患に用います。
「微熱」
「寝汗」
「食欲不振」
「神経衰弱」
「ノイローゼ」
「不眠症」
「血の道症」など。
 体力弱く、冷え症・貧血気味で、動悸・息切れがあり、神経過敏の者の
 [更年期障害]
 [神経症]

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
【構成生薬】
柴胡・半夏・桂枝・黄ゴン・人参・芍薬・大棗・甘草・生姜

★発熱、悪寒、頭痛、身体痛、吐き気、食欲不振、腹痛などがあって心下部が張って苦しいもの。
・「感冒」
・「肺炎などの後期」
・「胃潰瘍」
・「十二指腸潰瘍」
・「胆嚢炎」
・「胆石」
・「肝機能障害」
・「膵臓炎」など広範囲に応用できます。

四逆散(しぎゃくさん)
【構成生薬】
甘草・枳実・柴胡・芍薬

目標体力中程度以上で、腹直筋の攣急があり、[イライラ][不眠][抑うつ]などの神経症状を訴える者
★胃がつかえ、圧痛がある人の、以下の症状・疾患に用います。
「胆嚢炎」
「胃炎」
「胃潰瘍」など。
比較的体力がある者の、
・胆石症・胃酸過多・胃潰瘍・気管支炎・神経質・ヒステリーなどに用いる

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
【構成生薬】
当帰・川キュウ・芍薬・熟地黄・人参・白朮・茯苓・甘草・黄蓍・桂皮

★皮膚にツヤが無く、やせた人の、以下の症状・疾患に用います
「貧血」
「衰弱」
「低血圧」
「病後の体力低下」
「ノイローゼ」
「胃弱」など

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
【構成生薬】
柴胡・桜皮・桔梗・生姜・川キュウ・茯苓・独活・防風・甘草・荊芥

体力中程度、皮膚疾患に用いる。患部は発散性やびまん性の発疹で浸出液が少ない。
化膿していたり、化膿を繰り返す疾患に。

小建中湯(しょうけんちゅうとう)
【構成生薬】
桂枝・甘草・大棗・芍薬・水飴・生姜

★虚弱体質で疲れやすく、甘いのもが好きな人の、以下の症状・疾患に用います。
・「神経質」
・「慢性胃腸炎」
・「貧血症」
・「頻尿」
・「腺病質」
・「夜尿症」
・「夜泣き」
・「動悸」
・「手足のほてり」など。

小柴胡湯(しょうさいことう)
【構成生薬】
柴胡・黄ゴン・人参・半夏・甘草・生姜・大棗
★胸や脇腹が重苦しく、疲れやすく、微熱があったり、悪寒と熱感が交互にあったり、食欲が無い人に用います。
・「感冒」
・「気管支炎」
・「胃腸病」
・「肝臓疾患」
・「貧血」
・「吐き気」
・「嘔吐」など。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
【構成生薬】
麻黄・芍薬・細辛・乾姜・甘草・桂枝・五味子・半夏

★胃腸が丈夫な人の、以下の症状・疾患に用います。
「せき」
「鼻水」
「感冒」
「気管支炎」
「気管支喘息」
「アレルギー性鼻炎」
「アレルギー性結膜炎」など。

消風散(しょうふうさん)
【構成生薬】
当帰・地黄・防風・蝉退・知母・苦参・胡麻・荊芥・蒼朮・牛蒡・石膏・甘草・木通

★分泌物が多く、かゆみが強い、以下の症状・疾患に用います。
・「ジンマシン」
・「湿疹」
・「皮膚掻痒症」
・「アトピー性皮膚炎」など。

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
【構成生薬】
辛夷・知母・百合・黄?・梔子・麦門冬・石膏・升麻・枇杷葉

★黄色い鼻汁が出る人の疾患に用います。
「鼻づまり」
「蓄膿症」
「慢性鼻炎」など。

真武湯(しんぶとう)
【構成生薬】
茯苓・芍薬・生姜・白朮・附子

新陳代謝が低下して体力虚弱な人で、全身の倦怠感や手足の冷感、下痢、腹痛を訴える者。
裏急後重を伴わない下痢
めまい・身体動揺感・心悸亢進を伴う場合
★冷えて機能低下がある人の、疾患に用います。
「めまい」
「動悸」
「むくみ」
「ケイレン」
「老人の慢性下痢」
「慢性胃炎」
「感冒」
「せき」
「高血圧症」など

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
【構成生薬】
大黄・甘草

常習性便秘・急性便秘
体力中等度で便秘が習慣化している方。

大柴胡湯(だいさいことう)
【構成生薬】
柴胡・半夏・生姜・黄ゴン・芍薬・大棗・枳実・大黄

★筋肉質で体力があり、便秘傾向の人の疾患に用います。
「胃炎」
「高血圧」
「肩こり」
「便秘」
「頭痛」
「胆石症」
「肥満」など。

桃核承気湯(とうがくじょうきとう)
【構成生薬】
桃仁、大黄、桂枝、甘草、芒硝
★比較的体力があり、のぼせて、便秘する人の疾患に用います。
・「月経不順」
・「更年期障害」
・「動脈硬化」
・「腰痛」
・「高血圧症」など。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
【構成生薬】
当帰、芍薬、甘草、木通、桂枝、細辛、生姜、呉茱萸、大棗

★冷え症の症状・疾患に用います。
「腰痛」
「慢性頭痛」
「下腹部痛」
「胃が重い」
「座骨神経痛」など。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
【構成生薬】
当帰・川キュウ・芍薬・茯苓・白朮・沢瀉

★色白で、貧血・冷え症気味の人の症状・疾患に用います。
・「月経不順」
・「月経痛」
・「更年期障害」
・「痔」
・「貧血症」など広範囲に応用されます。

人参湯(にんじんとう)
【構成生薬】
人参・甘草・乾姜・白朮

★胃腸が冷えて、胃内停水がある人の症状や疾患に用います。
「慢性下痢」
「貧血症」
「嘔吐」
「胃炎」など。

麦門冬湯(ばくもんとうとう)
【構成生薬】
麦門冬・半夏・人参・甘草・粳米・大棗

★ノドの異物感がある人の症状や疾患に用います。
「激しいせき」
「タンの切れにくいせき」
「気管支炎」
「気管支喘息」など。

八味丸(はちみがん)
【構成生薬】
地黄・山茱萸・山薬・沢瀉・茯苓・牡丹皮・桂枝・附子

○中年期以降の者で、下肢の脱力感・冷え・シビレがあり、排尿異常<特に夜間の頻尿>を訴える者
上腹部にくらべて下腹部が軟弱無力の者。
多尿・頻尿・乏尿がある者
疲労倦怠感・腰痛・口渇などがある
★副腎や泌尿器・生殖器の機能が低下した人の症状や疾患に用います。
「糖尿病」
「動脈硬化」
「ネフローゼ」
「腰痛」
「尿もれ」がある人など。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
【構成生薬】
半夏・茯苓・生姜・厚朴・蘇葉

★気分がふさいで、ノドの異物感があったり、胃が重苦しい人の症状・疾患に用います。
・「せき」
・「不安神経症」
・「しわがれ声」
・「不眠症」など。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
【構成生薬】
半夏・黄ゴン・乾姜・人参・甘草・黄連・大棗

みずおちがつかえ、吐き気や嘔吐がある人の症状や疾患に用います
「食欲不振」
「消化不良」
「下痢」
「つわり」 など

防已黄蓍湯(ぼういおうぎとう)
【構成生薬】
防已・甘草・白朮・黄蓍・生姜・大棗

★色白で汗をかきやすい人の症状・疾患に用います。
「むくみ」
「水太り」
「関節炎」
「関節リウマチ」など。

防風通聖散(ぼうふうつうせいさん)
【構成生薬】
当帰・芍薬・川?・梔子・連翹・薄荷葉・生姜・荊芥・防風・麻黄・大黄・芒硝・白朮・桔梗
・黄ゴン・石膏・甘草・滑石

★脂肪太りで、便秘気味の人の症状・疾患に用います。
「動脈硬化」
「高血圧症」
「肥満症」など 

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
【構成生薬】
人参・白朮・当帰・甘草・陳皮・柴胡・升麻・黄蓍・生姜・大棗

★消化機能の落ちた方の疾患に用います。
・「夏やせ」
・「病後の体力低下」
・「低血圧症」
・「痔」
・「脱肛」 など応用範囲は広いです。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)
【構成生薬】
麻黄・杏仁・甘草・石膏

★比較的体力があり、汗が出る人の症状・疾患に用います。
・「気管支炎」
・「気管支喘息」
・「小児喘息」
・「百日咳」
・「呼吸困難」など。

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
【構成生薬】
当帰・釣藤鈎・川?・白朮・茯苓・柴胡・甘草・陳皮・半夏

★虚弱体質で怒りっぽい人の症状・疾患に用います。
「不眠」
「ひきつけ」
「動悸」
「更年期障害」
「神経症」
「夜泣き」など。

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
【構成生薬】
茯苓・桂枝・白朮・甘草

★むくみ気味の症状・疾患に用います。
「神経性心悸亢進症」
「めまい」
「メニエール症候群」
「ノイローゼ」
「不眠症」など。
立ちくらみ・めまい、あるいは動悸がひどく、のぼせて頭痛がし、顔面が少し紅潮したり、あるいは 貧血し、排尿回   数多く、尿量減少して口唇部が乾くもの。
神経性心悸亢進・神経症・充血・耳鳴り・不眠症・血圧異常・心臓衰弱・腎臓病

六君子湯(りっくんしとう)
【構成生薬】
人参、白朮、茯苓、甘草、半夏、陳皮、大棗、生姜

★胃弱で、疲れやすい人の症状・疾患に用います。
・「胃炎」
・「胃痛」
・「食欲不振」
・「嘔吐」
・「貧血」
・「冷え症」など。

六味丸(ろくみがん)
【構成生薬】
熟地黄、山茱萸、山薬、茯苓、沢瀉、牡丹皮

★疲れやすく、口が渇く人の症状・疾患に用います。
「排尿困難」
「頻尿」
「むくみ」
「かゆみ」など、
比較的体力の低下した者(腎陰虚)に用いる
疲労感・下半身のシビレ感・尿量減少または多尿・夜間尿・遺尿・遺精・陰痿・腰痛など
上腹部に比べて下腹部が軟弱なことが多い。
冷え・浮腫は少ない



参考文献

大塚敬節著 「臨床應用傷寒論解説」創元社
大塚敬節主講 「金匱要略講話」創元社
大塚敬節著 「症候による漢方治療の実際」南山堂
龍野一雄著 「漢方入門講座」中国漢方
龍野一雄編著 「新撰類聚方」中国漢方
奥田謙蔵著 「傷寒論講義」医道の日本社
奥田謙蔵著 「漢方古方要方解説」医道の日本社
長沢元夫著 「康治本傷寒論の研究」健友館
山田光胤著 「漢方処方応用の実際」南山堂
日本漢方協会学術部編 「傷寒雑病論」東洋学術出版社
長濱善夫著 「東洋医学概説」創元社
西山英雄著 「漢方医学の基礎と臨床」創元社
西山英雄訓訳 「和訓類聚方広義・重校薬徴」創元社
荒木正胤著 「日本漢方の特質と源流」御茶の水書房
長谷川弥人著 「勿誤薬室方函口訣釈義」創元社
相見三朗著 「漢方の心身医学」創元社
寺師睦宗著 「成人病の漢方療法」創元社
矢数道明著 「漢方後世要方解説」医道の日本社
矢数有道著 「方証学後世要方釈義」自然社
矢数格著 「漢方一貫堂医学」医道の日本社
桑木崇秀著 「エキス剤による漢方診療ハンドブック」創元社
甲賀通元編 「和訓古今方彙」緑書房
柳谷素霊原著 「実地応用簡明不問診察法」石山針灸医学社
上海中医学院編 「中医学基礎」燎原
曲直瀬道三著・池尻勝編 「新版・衆方規矩」燎原
張明澄著 「中国漢方医学体系」東明社
劉渡舟著 「中国傷寒論解説」東洋学術出版社
広東中医学院主編 「中医診断学」自然社
中山医学院編 「漢方の臨床応用」医歯薬出版(株)
伊藤良・山本巌監修 「中医処方解説」医歯薬出版(株)
伊藤清夫総監修 「漢薬運用の実際」健友館
医学堂研究会翻訳 「漢方配合応用」薬業時報社
許浚著 「東醫寶鑑」
柴崎保三著 「黄帝内経」雄渾社
林乾良・劉正才 「不老宝典」自然社
寺島良安著 「和漢三才図会」東洋文庫
人見必大著 「本朝食鑑」東洋文庫
小野蘭山著 「本草綱目啓蒙」東洋文庫
代田文誌著 「沢田流聞書鍼灸眞髄」医道の日本社
山田國弼著 「澤田流鍼灸ノートブク」けいせい出版
本間祥白著 「図解十四経発揮」医道の日本社
森秀太郎著 「解剖経穴図」医道の日本社
創医会学術部編 「漢方用語大辞典」燎原
愛知大学編 「中日大辭典」大修館書店
上海科学技術出版社 「中薬大辞典」小学館 編
上海科学技術出版社 「実用中医気功学」
南山堂 「医学大辞典」南山堂


| http://www.kanpow.jp/index.php?e=139 |
| 漢方調剤は一日分400円::わかりやすい漢方薬解説 | 06:03 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑